加入のご案内

1加入できる方(会員資格)年齢や健康状態による制限はありません。

共済期間の開始日に、東京都の市町村
(「市町村問合せ先」参照)に住民登録のある方

※東京23区にお住まいの方は加入できません。

2共済期間毎年申し込みが必要です。
自動継続制度はありませんのでご注意ください。

  • ●共済期間は令和4年4月1日から令和5年3月31日までです。
  • ●令和4年4月1日以降に加入申込みをした場合、
    申込日の翌日から令和5年3月31日までが共済期間となります。
  • ●東京都の市町村外へ転出しても、共済期間中の交通災害であれば見舞金をお支払いします。ただし、住所地の市町村の公費加入条件に該当する方が、東京都の市町村外へ転出した場合、公費加入Bコース分については効力を失います。

※公費加入…一定条件に該当する住民の方を市町村が公費でBコース分の会費を負担し、一括して加入させる制度(特別加入)です。
公費加入条件や実施の有無は市町村によって異なります。
住所地の市役所または町村役場(支所・出張所)へお問い合わせください。

3会費(年額)所得税の保険料控除対象にはなりません。

  • ●コースによって受け取ることができる見舞金の額が異なります。
    それ以外はどちらのコースも同条件です。
  • コース変更をする場合を除いて、1人1口しか加入できません。
  • ●納入された会費は、原則としてお返しできません。

4加入方法

インターネットからお申込みいただけます。

お申込みはこちら ※外部サイトにアクセスしますお申込みはこちら ※外部サイトにアクセスします
  • ●申込用紙からもお申込みいただけます。
    お住まいの市役所または町村役場(支所・出張所)、市町村によっては、指定された金融機関(ゆうちょ銀行(郵便局)を除く)の窓口でお申込みください。
  • ●この共済制度は、東京都の全市町村共通の制度ですので、複数の市町村で重複して加入することはできません。
  • ●会員の方が東京都の市町村内でお引っ越しされた際は、コース変更をご希望の場合を除き、再度お申込みの必要はありません。
    (公費加入会員については申込みが必要な場合がありますので、住所地の市役所または町村役場(支所・出張所)へお問い合わせください。)

5コースの変更方法

  • ●当共済のBコース(500円)に、すでにご自分で加入している方で、Aコース(1,000円)にコース変更を希望する方は、再度Bコースに加入してください。お住まいの市町村の公費加入(Bコース・500円)の条件に該当する方で、Aコース(1,000円)にコース変更を希望する方は、Bコースに加入してください。
  • ●Bコースに2回加入された方は、Aコースとなります。(Bコース2口にはなりません。)
  • 公費加入(Bコース・500円)の条件に該当する方で、Aコース(1,000円)にコース変更を希望されない方は、加入手続きの必要はありません。

※公費加入…一定条件に該当する住民の方を市町村が公費でBコース分の会費を負担し、一括して加入させる制度(特別加入)です。
公費加入条件や実施の有無は市町村によって異なります。
住所地の市役所または町村役場(支所・出張所)へお問い合わせください。

なお、共済期間内の途中で
コース変更した場合の共済期間は次のようになります。

[例1]公費加入または予約受付期間中(1月~3月)にBコースに加入し、
7月1日に再度Bコースへ加入した場合の共済期間

Bコースとしての共済期間 4月1日~7月1日
Aコースとしての共済期間 7月2日~翌年3月31日
(2回目の加入申込日の翌日)

[例2]4月15日にBコースに加入し、6月20日にAコースへ加入した場合の共済期間

Bコースとしての共済期間 4月16日~6月20日
(1回目の加入申込日の翌日)
Aコースとしての共済期間 6月21日~翌年3月31日
(2回目の加入申込日の翌日)

※[例2]の場合、1回目と2回目の会費納入金額の合計が1,500円のため、1,000円を超えた部分の会費(500円)については請求によりお返しします。詳しくは「重複加入について」の欄を参照してください。

6重複加入について

重複加入については、以下のとおり取り扱います。

  • ●Aコース(1,000円)とBコース(500円・公費加入を含む※以下同じ)に加入した場合は、Bコース分の会費を請求によりお返しします。Aコース分の会費は、お返しできません。
  • ●Bコース(500円)を2回加入した場合は、Aコース(1,000円)へ変更となります。ただし、2回目の加入の日から60日以内であれば、2回目分の会費を請求によりお返しします。また、Bコース(500円)を3回以上加入した場合は、3回目以上分の会費については、60日を過ぎていても請求によりお返しします。
  • ●会費の返還請求は、お住まいの市町村窓口へお願いします。

見舞金の請求には
交通事故(人身)証明書が必要です。

自転車の事故などの小さな事故もカバーしますので、事故にあったら必ず最寄りの警察署にお届けください。
<ちょこっと共済>は事故の相手方の損害を補償するものではありません。